2018年07月24日

メモ:    【酵素】活性 と 腸管免疫    


■ 免疫力の低下を見逃さないで!
  あなたの免疫力をチェックしてみよう

テレビや雑誌などで、 「免疫力の低下が病気を引き起こす」とか「○○で免疫アップ!」いったフレーズを見聞きしたことがある人も多いはず。

ところで、 免疫力とは具体的にはどのようなものなのでしょう?


免疫力とは、 人が生まれながらにしてもつ体の防御システムのことです。 

細菌やウイルスなどの病原菌をはじめ、 さまざまな外敵から自分を守るために人類が進化の過程で少しずつ身につけた仕組みです。

ところが近年、 免疫力の低下によって病気や体調不良に悩まされる人が急増しています。


免疫力は、 かぜなどの感染症だけに限らず、 がんやアレルギー疾患などさまざまな病気と深い関わりがあります。

健康維持のためには、 免疫力を高め、 その状態をキープすることが不可欠というわけです。



■ 体温の低下は免疫力が下がっているサイン

では、 さっそく自分の免疫力がどんな状態にあるのか、 確認してみましょう。

まず、 チェックすべきは「体温」。


ヒトの体内では、 生命活動を維持するために各種の【酵素】が働いています。

【酵素】が最も効果的に働きやすい環境は、 体の深部体温が37.2℃のときです。

深部体温は家庭では測れないので、 舌下やわきの下で自分の体温を測ってみるとよいでしょう。

舌下で測る場合で36.4℃以下、 わき下で測る場合では36.1℃以下のときは[要注意]のサインです。


これは、 深部体温が【酵素】が働くうえでベストな37.2℃よりも低いことを意味しており、 体内での各【酵素】の働きが悪くなって、 免疫力が低下していることを示しています。



■ 血液検査でわかる白血球数も免疫力の指標

もう一つ、 免疫力の状態を知る重要な手がかりとして「白血球数」があります。

白血球は、 赤血球や血小板などと同じく血液成分の一種で”免疫の要”ともいえる存在です。

白血球にはさまざまな種類があり、 大きく次の3つに分けられます。



・マクロファージ(Mono):
最も古い免疫細胞で、 すべての白血球の原型。 大型の細菌などの異物を丸飲みして消化する。 白血球全体の3〜5%を占める。

・顆粒球(Neutro, Eosino, Baso):
主に好中球、好酸球、好塩基球などの種類がある。 白血球の最大勢力で、54〜60%を占める。 体内に最も多く侵入する細菌に対抗する役割をもつ。

・リンパ球(Lympho):
主にNK細胞、B細胞、T細胞で構成される。 進化の過程で新しく獲得してきた免疫。 白血球全体の[35〜41%]を占める。



自分の免疫力の状態をより詳しく知りたい場合は、 血液検査を受けて白血球数やその内訳( 白血球分画ぶんかく(%) )を調べる必要があります。

目安としては、 白血球の総数が4000/μl以下なら免疫力の低下が疑われます。

ただ、 やせ型の人は少ない傾向があります。


また、白血球のうちリンパ球の割合(リンパ球比率)が30%以下のとき、 あるいは逆に50%以上と高すぎる時も[要注意]です。




■ 体温とリンパ球比率から起こりやすい病気がわかる

例えば、 体温が36度以下で、 リンパ球比率が白血球全体の30%以下になると免疫力が低下し、 糖尿病やがんなどのリスクが高まります。

反対に、 リンパ球比率が50%以上になると免疫反応が過剰になり、 花粉症やアトピーなどのアレルギー疾患を起こしやすくなるのです。

新潟大学名誉教授  安保 徹

180724_202537.jpg

(*「安保徹の免疫力を上げる45の方法」(2015年)  安保 徹 著    学研   より〜 引用)





 
posted by 所長 at 20:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

メモ:  人間ウォッチ   雑感




大病・難病をはじめ生活習慣病やアレルギー疾患などの人は、低体温(36.5度↓)、便秘、肥満、そして身体が硬い(筋肉硬直)傾向が多数。


そして改善し終えない限り、「モグラ叩き」のように次から次と時間差で色々な病状が多発し続ける。









● 閃き・直観  →  具体化のスタディ  →  決心・実践















所長のなんでもメモ帖・雑談日記
http://hokkdika.seesaa.net/
[カテゴリ] 生活 :550位 / 742778ブログ中


posted by 所長 at 14:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

メモ:  倉庫121314

・愛詩tel by shig:


本当は恐ろしい降圧剤がもたらす副作用
https://blog.goo.ne.jp/1shig/e/91f8299bceeb9c0e3a6649e8a4330ff5


コレステロール、中性脂肪の値 そんなの関係ない! / 丹羽医学博士
https://blog.goo.ne.jp/1shig/e/6ac3cccee7b56ebfb3bcaefa9bf948fb





「医師ががんになったら」衝撃の本音 どんな治療法を選択するの?
https://blog.goo.ne.jp/1shig/e/8b724dc9127492df15758a78ab697f95


TV出演 『金スマ』
ガン治療で殺されないために 抗がん剤は効かない!? / 近藤誠 医師
https://blog.goo.ne.jp/1shig/e/72387c96755b37e1723a470e4efadea8





精神科医のおかげで人生を狂わせられた人
https://blog.goo.ne.jp/1shig/e/62d23ca475352c30aefe3c00050dc8f5

【重要】 「ADHDは作られた病気の典型的な例である」あなたの子供を ”ADHD” と”診断”させてはならない!!
https://blog.goo.ne.jp/1shig/e/c4e54cedb4ce9eef57c72980dccd4840


抗うつ剤大量投与、嘘の診断書…精神科と製薬会社が”総うつ病化”を作り出す
https://blog.goo.ne.jp/1shig/e/d8c3307fe8ea5e680c5a7602e0ab2a2b







・シャンティ・フーラ:
ぴょんぴょんの「さらば!ベンゾーくん」
【白木るい子(漢方医師)】
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=159244












・建築とかあれこれ 呪いもあれこれ:   ㈷あべちゃんがネオコン追い出した(爆)
キムチの融合
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-10689.html





・愛詩tel by shig:

人工地震の基礎知識、歴史、年表
https://blog.goo.ne.jp/1shig/e/aaa8efc09e68644d7a9579ba647d264d

※ 子供でも分かりやすい「地震波形」をニュースで流して真のジャーナリストなら。 ニュースの中身が「ゼロ ZERO」だから・・・ 暗示なのかね? (笑)    時がきたらロシアから真実が語られるのでは。




posted by 所長 at 01:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする