2019年01月31日

メモ:   敗血症(はいけっしょう)



■免疫力低下の抗ガン剤はなぜ[敗血症]になりやすいか


私たちの体は初期生体防御と免疫系の働きによって外敵、 異物から守られているわけですが、 侵入してくる外敵、異物の種類や量、 侵入ルートによって、 各防御因子の働き方は違ってきます。

たとえば、 好中球は【肺炎菌】や【緑膿菌】を防いでくれますが、 結核菌やカリニ肺炎から私たちを守ることはできません。

このように状況によって各防御因子の持つ比重が異なることから、 どの病原体(ウイルス、菌など)に対し、 どの防御因子がもっとも効果的なのか、 それがわかれば、 生体防御はより効率的に行えるようになります。


この考え方を私は「生体防御の比重論」と名付けて、 以前から提唱していましたが、 免疫系の働きは非常に複雑なので「そこまで考える必要はないのではないか」という理由から、 なかなか受け入れてもらえないでいました。

ところがエイズの流行から、 思いがけずに、 「比重論」がクローズアップされることになったのです。

エイズも末期になると、 生体防御力が極端に低下します。

そうなると【肺炎菌】や【緑膿菌】などによる[敗血症](細菌が繰り返して”血管”に入る重篤な全身感染)の危険が生じて当然なのです。


ガンでも抗ガン剤を多用し免疫力を大きく低下させると[敗血症]にかかりやすい。



ところがエイズの末期では、 どんなに免疫力が低下しても、 [敗血症]にかかることがない。

この理由は長い間、 謎とされてきました。

それが比重論で簡単に解けたのです。



[敗血症]を生じさせる【肺炎菌】や【緑膿菌】などの防御には好中球の占める比重が大きい。

ところが抗ガン剤を多用すると、 骨髄の機能が破壊されて好中球が減少するため[敗血症]にかかりやすくなる。

ガン患者が[敗血症]にかかるのはこういった理由によるものです。



だがエイズの場合はどうかというと、 T細胞にとりつくだけで骨髄の機能そのものは破壊しません。

だから好中球はどんどん作られるので、 [敗血症]にはかかりにくいのです。

ただし、 エイズの末期にはT細胞とマクロファージが活躍して防ぐ結核菌に対する感染防御力は著しく低下します。





抗ガン剤

  ↓

骨髄の造血機能を破壊

  ↓

・【肺炎菌】 ・【緑膿菌】に感染しやすい

  ↓

肺炎や肝炎だけでなく[敗血症]になりやすい

  ↓

  死


(・『生体防御力』(2003年)  野本 亀久雄 (九州大学名誉教授) 著   ダイヤモンド社  より〜 引用 )

190131_233508.jpg


【著者紹介】 野本 亀久雄
昭和11年、愛媛県松山市生まれ。
昭和36年九州大学医学部医学科卒。
48年同大学助教授。 元生体防御医学研究所所長。
平成7年日本移植学会理事長に就任。

posted by 所長 at 18:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

COLUMN 1 その他



■ 脳にウイルスが感染するということについて


人は脳にウイルスが感染して症状を起こすということを、 あまり考えないようです。


インフルエンザウイルスが感染すると風邪のような症状が出ますが、 せきやのどの痛みなど呼吸器系の症状がおさまると、 インフルエンザが治ったと考えるのが一般的でしょう。


しかし、 呼吸器系の症状は治っていても、 インフルエンザA型などのウイルスが脳にも感染していて、 潜伏感染した状態で残っていることがあります。


治療しないと、 そのまま何年も潜伏感染した状態が続き、 いろいろな精神的症状を引き起こす引き金になっていることもあるのです。




また虫刺されを甘くみて、 たいしたことはないと思っていると、 その虫が大量の細菌やウイルスを保持していることがあり、 そのため刺された場所から脳に向かってウイルスが移動し、 脳で潜伏感染を起こすこともあります。


そして潜伏感染している場所によっては、 うつ病になったり、 統合失調症のようになったりするのです。


精神的におかしな症状が急に出てきたという場合は、 このように、 虫に刺されたり、 インフルエンザにかかったすることが原因でもあります。


このことを知らないと、 見当外れの治療をして治らないままになってしまいます。




急に性格が変わってしまう原因として、 微細な脳梗塞があちこちで起こっているということも考えられます。


しかし、 虫に刺され、 虫が持っている細菌やウイルスが脳にまで達して、 性格の変化を来たすことのほうが多いのです。


あるいは、 妊娠中の女性に風邪の症状が出て治療をし、 一応は治ったという場合、 実はA型インフルエンザに感染していて、 胎盤を経由して胎児の脳に潜伏感染し、 統合失調症の引き金になるということもあるのです。


こういうことはあまりありませんが、 全く起こらないということではないのです。




食べ物から入ったウイルスが脳に行く場合もあります。


そうなると、 記憶力が低下する、 足がもつれる、 手に持ったものを落とす、 頭がぼーっとするなどの症状が出ます。




なぜ脳の免疫システムが弱くなるのか。


それはどうやら、 携帯電話などや夜寝ている間に電磁波を強く浴びている状態が続くと起こるようなのです。


電磁波には免疫システムを破壊する働きがあるようです。


細菌やウイルスは、 いろいろなところから侵入します。


虫刺され、 空気感染、 オーラルセックス、 温泉やプールなどなどです。


人によって時間の経過とともに脳に入り込むようです。

(*「元気脳 脳健康」(2008年) 豊岡賢治(医師)  グラフ社   より〜 引用)



190123_205054.jpg






【著者経歴】 豊岡憲治
1947年青森県浪岡町生まれ。
弘前大学医学部卒。 大学病院で10年間麻酔科医を努め、「とよおかクリニック」を開業。
東洋医学に興味を持ち、独学で針や灸、漢方を勉強、平成5年ごろから針灸、漢方薬、Oリングテストを診療に取り入れている。
現在はほぼすべての病気と精神疾患、不妊、体質改善、脳の活性化、認知症の予防など幅広く対応している。
同クリニックには全国からの来院者が後を絶たない。

posted by 所長 at 21:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする