2019年02月22日

     ナチュラル・キラー(NK)細胞


【ナチュラル・キラー(NK)細胞】


複雑な情報伝達システムを経ず、 独自の判断で直接、 がん細胞を見つけ、 攻撃するものにNK細胞があります。  

NK細胞は白血球の約三割を占めるリンパ球の仲間の免疫細胞ですが、 がん細胞を発見すると、 すぐに接触し、 グラニールという小さな粒状の毒素を発生させ、 次にがん細胞の細胞膜に穴をあけ(パーフォリン)、 そこからグラニールを打ち込みます。 


この毒素を注入されたがん細胞は5分以内に死滅します。



ただしNK細胞はつねに勝利するわけではありません。

活性化されたときには強い免疫力を発揮するものの、 活性化されていないと、 反対に、 がん細胞にやられてしまいます。   

NK細胞の活性を阻害するものとして、 タバコ、ストレス、偏食、加齢、 そして 抗がん剤 や 放射線 があります。


自然治癒力である免疫抵抗力が正常に働いていれば、 がんの異常な増殖は抑えられます。


問題は免疫力がしっかり働かなくなるときです。 


(・「甦るかがん末期国日本」 高原 喜八郎(エビス高原クリニック 院長) ルネサンス・アイ より〜 引用)


190221_210456.jpg








[カテゴリ] 生活 : 1035位 / 747424ブログ中

posted by 所長 at 00:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

メモ:    AWG(特殊 交流周波数電子治療器)   【資料】 






180319_221936.jpg




■ 特殊 交流周波数電子治療器(AWG)による治療法



・ 十字の電子放射で特定のものを破壊(※ 不活性化)


マイナスイオンの効果が広く知られるようになり、 生活環境にマイナスイオンを増やすための発生器などが開発されるようになっています。

また「マイナスイオン水」と称されるものがありますが、 多くに場合、普通の水を炭酸カルシウムやリン酸カルシウムのカートリッジに通したものが多いようです。



これら一般的なマイナスイオン発生器と一線を画する医療機器がAWG(arbitrary waveform generator)です。


日米の分子生物学者、 医師、 獣医師、 細菌学者がチームを結成し、 開発したものであり、 電子そのものを体内に取り込む医療機器です。





電子を投射することで、 特定のウイルスやバクテリア(※ 細菌)などを殺滅し、 病巣部を破壊(※ 不活性化)して、 身体の機能を正常に戻し、 あるいは低下した能力を向上させるのです。

人体に有害なウイルスやバクテリアなどにはそれぞれ” 固有の共振周波数 ”があります。

この周波数に適合させた電子を投射(※ 通電)することによって共振現象を起こし、 特定のものだけを破壊(※ 不活性化)するのです。



このように周波数を変動させる機能を備えた装置は他にはありません。




特定の各種周波数(1万ヘルツ以下)電子の通電でウイルス、 バクテリア(※ 細菌)、 真菌(※ カビ)、 寄生虫の膠質膜(コア) を破壊しますが、 生体細胞を傷つけないHz(ヘルツ:周波数)を組合わせたものであり、 治療は無痛です。

投射の時間や電子の出し方を微細に調整することができ、 最大の効果を得られることも特徴の一つです。





AWGとは直訳すれば「段階的マイナスイオン電子投射機器」の略ですが、 十字に電子を放射すつ医療機器であることから、 「AWGクロスファイア(十字放射)」とも呼ばれています。


電子の波の山と山をぶつけると、 二つの波が重なった瞬間、 波は2倍の高さになりますが、 逆に山と谷の波を衝突させると、 山が弱まり、 平らになります。

そのように二つの波が強めあったり、 弱めあったりする現象を波の「干渉」といいます。



高い波の電子を衝突させれば、 威力は倍増し、 一層の効果が期待できますが、 さらに電子波を十文字に作用させることによって、 その威力は4倍になり、 生体内の病巣部のプラスイオン物質を急速に破壊(※ 不活性化)することが可能になるのです。



AWGのクロスファイア(十字放射)の技術は生体組織細胞に無害の弱電(10ミリアンペア  12.5ボルト)を上下左右から十文字に放射するもので、 衝突部には4倍以上の破壊力が生じます。

こうした投射を一秒間に250万回実施します。





現在世界二十一ヶ国で臨床試験が行われいますが、 ガンだけでなく、 筋無力症、 劇症肝炎など400種類以上の疾病に有効とされています。



具体的には次のような効果を望めます。


○ 治療率の促進

○ 痛みの抑制

○ 骨粗しょう症の防止

○ 酸化した血中PHの改善(血液のアルカリ化)

○ 細胞分子内のプラスイオンの排除

○ 病巣部の改善

○ 生体内免疫力の向上

○ 生体細胞・組織細胞の活性化

○ 免疫・NK(※ ナチュラルキラー)細胞の増殖、活性化

○ DJVCホルモンなどの免疫応答細胞の増加

○ 血漿リンパの浄化

○ 血管の拡張




ただし効力は著しい年齢差、 個体差があります。

とくに次の症状の場合、 顕著な効果が見られないことがあります。


● 骨がん(頭蓋骨内がん腫)

● 慢性ミネラル欠乏症

● 老衰(極端な高齢者)

● 過去に放射線、 コバルトなどの照射 及び 大きな手術を行い、 自己抗体が免疫が落ちている場合

● 重篤・慢性疾患などの合併症がある場合



効能や効果は年齢、 性別、 疾病の度合いにより異なりますが、 人体に対して安全、 無害であり、 副作用や後遺症、 医療ミスの報告はありません。


注射も投薬も手術不要で、 患者に痛みを与えることなく完治を目指すものです。

今後、 二十一世紀の医療技術として有効活用していくべきでしょう。




[抄録]:

患者は78才の男性(K.T)。 

1993年頃より両膝痛発症し、 整形外科医を数院受診するも決定的治療法もなく、 温泉療法、 鎮痛経皮剤、 グルコサミン、 コンドロイチン硫酸などの服用によっても一進一退で経過していた。

2004年12月の膝XP所見上、 靱帯部には特に石灰化像は認めなかったが、 2005年5月のXP上で、 初めて石灰化像の出現を確認した。

そこで、 永年の膝痛の原因の一つが靱帯の老化性石灰化(骨化?)ではないかとの推定から、 AWG治療で使用する周波数について、 石灰化(腎石)に関するコード番号を探して、 (胆石)、 (腎石)、 (尿路結石)を確認し、 以後膝のAWG治療時には必ずこの3者のコード番号を使用し、 週1〜2回の治療頻度で経過を追った。

その結果、 2005年12月のXP所見に於いて、 従来見られていた石灰化像の消失が認められ、 それに伴って膝痛の症状にも軽減が認められた。

動脈硬化コード15種と共通する結石の種類が14種である事は実に興味深く、 この治療法が動脈壁の石灰化の予防や治療の可能性を示唆するものではないかと考えられる。

本実験的研究に、 AWG治療器を貸与されたAWG発明者、 松浦優之博士に心から深謝いたします。



(  『甦るか がん末期国日本』(2009)  高原喜八郎(エビス高原クリニック院長) 著     ルネッサンス・アイ発行  p、153〜p、158 より〜 引用)


190203_224338.jpg


【経歴】  高原喜八郎(医師 医学博士)
昭和2年 東京生まれ。 東京大学医専部卒。
シカゴマイクロリース病院研究員、 神奈川県立衛生短期大学教授。
大東文化学園技術専門学校 校長等を歴任。
米国 野口英世記念財団理事、 エビス高原クリニック院長。






■所長のなんでも写真館:
http://www.hiromeya.net/nikki/nicky.cgi?DT=20181231A#20181231A


posted by 所長 at 23:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする