2014年07月06日

  二極化



【1】
*「うつに非ず」 野田正彰 著   講談社

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%86%E3%81%A4%E3%81%AB%E9%9D%9E%E3%81%9A-%E3%81%86%E3%81%A4%E7%97%85%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F%E3%81%A8%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E5%8C%BB%E7%99%82%E3%81%AE%E7%BD%AA-%E9%87%8E%E7%94%B0-%E6%AD%A3%E5%BD%B0/dp/4062184494/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404613530&sr=8-1&keywords=%E3%81%86%E3%81%A4%E3%81%AB%E9%9D%9E%E3%81%9A

あなたのその症状は「うつ病」ではない。

不眠、食欲不振、憂うつ。

これらの症状で病院に行くとどうなるのか?

そこから泥沼が始まる。

だまされてはいけない、ほとんどのうつ病は自然治癒する。

(著書文中 より〜)


【野田正彰】
1944年高知県生まれ、北海道大学医学部卒。  精神科医、ノンフィクション作家。
長浜赤十字病院精神科部長、関西学院大学教授などを歴任。






【2】
 講師: ”夜回り先生”  水谷 修 先生

 演題: 『今、子どもたちは・・・』 〜リストカット、ОD、摂食障害、自殺、薬物、非行〜

日時:平成18年9月16日(土)、14:00〜15:30
場所:北海道立道民活動センター  かでる2・7
主催:(財)北海道学校保健会  (社)北海道薬剤師会
後援:札幌学校薬剤師会

◆ オーバードラック(OD)
つらい、眠れないということで心療内科、精神科、精神科の医師達はいとも簡単に薬を使います。向精神薬、睡眠薬、抗うつ薬等々。
 皆さんにお尋ねします。 向精神薬は治療薬ですか。
眠れないという中学生、高校生にハイこの薬を飲んでと出すのは治療ですか。

向精神薬、睡眠薬は法律で規制されています。これらは依存ができて使用量がだんだん増えていきます。1週間も眠れないという時に一時的に睡眠薬を使うのはいいでしょうが、その眠れない背景にある原因を突き止めるのが精神科の医師の仕事ではないでしょうか。親の過剰な期待があるならば親を呼んで話をする。親自身に問題があるならば児童相談所に通告して施設での保護。いじめや仲間のことなら教育委員会、あるいは校長に言って改善させる。レイプや猛烈な暴力などPTSDなどなら心理療法士、カウンセラー、医師みんなで協力して、箱庭療法などいろんなものを使いながら治療する。
ここまでやる精神科医は日本にどれだけいるだろう。ほとんどの医師は安易に薬を渡します。
 10錠のんだら少し楽になった。20錠のんだら、50錠のんだらといった過剰服用、これをOD、オーバードラックといいます。効果のシャープな向精神薬には決められた投与量14日分というのがあります。大量摂取しようと思うと普段のむ量を減らさなければなりません。それは苦しい。それで他の医師の間を回って歩く。この医師はすぐ薬を出してくれる。子ども達の間ではインターネット上に情報が飛び交っています。薬屋さんと言われている精神科医がいます。札幌にもいます。
 私はリタリンしか効きません。平気でリタリンを出します。私はべゲタミンしか効きません。平気で赤玉・べゲタミンを出します。また青玉・ハルシオン − 別名・アップジョンを出しています。
           (道薬誌 Vol. 23 No. 11(2006) より〜 転載)


■ 「夜回り先生」水谷 修 (オフィシャル公式ブログ)
http://www.mizutaniosamu.com/blog/010diary01/post_222.html






【3】
■日本薬剤師会 会長   児玉 孝

・「週刊現代」(四月五日号):
決意の告白 日本薬剤師会会長が「患者よ、クスリを捨てよ」

・よしあきのブログ:
http://ameblo.jp/omw2610022/entry-11803663520.html



【その他】
所長のなんでもメモ帖・雑談日記
http://hokkdika.seesaa.net/article/299162477.html






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 十全コミュニティー スペース   より〜       [新設]】

■ 氣功波 電気療法



■ ホルミシス・テラヘルツ 療法



時間: 20分   ― 3,000円(一部位)






※ 【 二種併用 】

例)  1、氣功波 療法(又は、テラヘルツ波機器療法)  +  2、周波数 療法( ロイヤル・レイモンド・ライフ セラピー)

時間: 25分〜 以内  ― 5、000円


* セラピー・スタッフ 2名




■ 免疫賦活総合 療法(カウンセリング含)





● 《 ※【会員制】 ・ 時間予約制 》

・ TEL 011-381-0737      電話受付 (月〜金: PM2:00 〜 7:00)

・ E-mail juzen@lime.ocn.ne.jp   (24時間)





○ ロイヤル・レイモンド・ライフ / ハルダ・R・クラーク 装置 [周波数療法 装置]
 
○ テラヘルツ波療法 装置


ただし、当所へのご理解・相互同意のもとで行っております。
※電子機器による療法は、ペースメーカーを入れてる方、妊婦・妊娠の可能性ある方はお受けしておりません。







所長のなんでもメモ帖・雑談日記
http://hokkdika.seesaa.net/
[ブログカテゴリ] 生活 :812位 / 595525ブログ中


posted by 所長 at 11:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする