2015年03月19日

メモ:     足立育朗 ワールド Y



【放射能 問題】


原子力発電とか、原子力、この文化でいう、『原子核分裂』という形は、

あれは無理矢理に人間の傲慢さでもって熱や力を加える事で分裂をするようです。



これは”自然の仕組み”の意識と意志を無視して分裂させたり、
融合させるという方法をとっています。



これは非常に自然の法則に反した方法で、

大きな問題は、

それによって放射能・放射線が発生します。



放射能・放射線そのものが悪いのではなくて、

そこで歪めてしまっている中性子・陽子・電子・原子核などに、

無理矢理に歪めてしまった事に問題があるのです。

(足立育朗 氏  1998年)





【電気・電流】


■ 電子の役割を知ろう

地球上で[物質化]していて人間が確認できるような存在物というのは、全部中性子と陽子で原子核を構成し、周りに【電子】を伴っています。


【電子】の役割というのは、現実化する役割です。 【電子】は、地球上で今考えられている科学で意識されている内容とは、実際には大分違うようなのです。

本質的にモジュラー・コーディネーター的な役割をしているものが【電子】らしいのです。

地球ではどちらかというと、〈 電流 〉は【電子】の流れのような解釈をして、直接エネルギーに関係しているように解釈されているようですが、【電子】そのもののエネルギーはいつもゼロの状態になっているという情報です。



【電子】がなぜ14.5回転ずつ右回りしたり左回りするのかは、常にエネルギーが入ったり、出ていったりする状態を繰り返すことによって、エネルギー量がゼロになるようにしているということです。



たぶん地球の物理学もいずれわかる時期が来ると思いますが、それは中性子が「意識」で、陽子が「意志」だと気づかない限り無理だと思います。



例えば〈 電流 〉というのは、【電子】はサブであり、基本的には中性子の移動なんです。

(* 宇宙からのメッセージ 「波動の法則」 足立育朗  p、85 より〜 引用)






【スプーン曲げ】

スプーン曲げ。 これも”情報”によれば「ギマネ波」という波動なんです。

「ギマネ」というのも宇宙語です。 ギマネ波は地球では発見されていない種類の波動形態の一種です。


もともと波動の形態は10の65万乗もの種類があり、そのひとつずつに10の32兆乗の周波数、波長、波形、振幅などの違いがある。 ぼう大な種類です。


ギマネ波はものすごい役割を持っています。 分子や原子を消してしまうような、つまり、中性子と陽子と電子を、クォークのエネルギーに戻す役割をするほどのすごい力です。



スプーンを構成している分子原子が一部にせよなくなってしまう、消えてしまうがために、スプーンはグニャリと曲がるんです。



しかし幸か不幸か、人類はこのギマネ波の存在に気付いていないし、どうすれば使えるのか、その力が得られるのか、は判っていない。



幸か不幸か、というよりは、幸いにもと言うべきでしょう。



ギマネ波は、使いようによっては地球をも消滅させるくらいの力をもっています。

( 足立育朗 氏  1996年)







● ホルモン

病気のメッセージの一番元になるのは、ホルモンです。

それが全部の微調整をしてくれています。


ものすごく微量でデリケートな分量を、ものすごくデリケートなタイミングに、振動波で送ります。


現代科学や医学では、ホルモンは、物質ないしは液体と思っています。


でもホルモンは、物質、固体でもなくて、しいていえば気体状です。


時空元が違う状態で働いています。



そして本来、ホルモンとは、FUGEHUKON(調和のとれた現代科学でいう微生物)の単体のEGUKENEQ(組み立てる側の微生物)で、物質や物質化の方向に働く役割をし、酵素は反対に単体のBEFOJENIS(分解する側の微生物)で、分解する側に働くFUGEHUKONを意味します。



ですから実際に、ホルモンを液体で取り入れたり、薬で飲むという状態というのは、ものすごい量を飲んでしまっていることになります。


身体に絶対良くありません。  膨大な量を飲んでしまうわけですから。


いらないのは排泄してください、という方法なのですけど、過分にあれば、他に影響してしまいます。



基本的には、この文化流に言えば、気体ですから。  気体と言っても、時空元が変わって見えないのですが。



髄液が元で、リンパ液からホルモンが分泌されます。


大事なのは、ホルモンが、液体の中で気化していることです。  空気が気化しているのと同じです。  溶けていないんです。

必要な状態のときに気体として出ます。  それが、人間の身体の肉体のなかだけではなくて、外側に関係しているのです。


チャクラを通じて、CEK(鉱物、植物、動物、人間の身体の外側にある振動波の層)の振動波を通して、人間の身体のどこに必要かという状態で分泌しています。



病気のメッセージは、基本的に、ホルモンや酵素が正常でない状態を知らされて始まることが多いのです。


(・波動の法則 「実践体験報告」  形態波動エネルギー研究所 監修    ナチュラルスピリット  より〜 引用)





■小腸の役割

・消化(分解)−20%

・血液の製造−40%

・原子の製造−40%



■大腸の役割

・消化(分解)−20%

・ホルモンの製造−40%

・髄液の製造−20%

・原子の製造−20%

(足立育朗 氏 2008年 )







■足立育朗 氏

1940年、東京生まれ。 早稲田大学第一理工学部建築科卒業。 一級建築士。 1990年、形態波動エネルギー研究所設立。




posted by 所長 at 01:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする